2013年07月28日

しばらくぶりに説教

28日、葛西メンバーに向けて、久しぶりに説教を行いました。

中高生部も江戸川、葛西に分かれたため、めっきり中高生部の説教を行うことがありませんでした。
もう、一年以上行っていないですね。瀬谷部長も、青年部と交流をする関係で、今後月一回は説教をお願いされました。

説教題は「天から与えられた成長期間」です。詳細はまた触れますが、成長期間を歩む上での重要なポイントを伝えました。

@自分に壁を作らない。(限界点を作らず、前向きにチャレンジ)

Aコミュニケーションを大事にする。(いろんな人とコミュニケーションを図り、学ぶ)

友人であれ、先生であれ、家族であれ、コミュニケーションを図ることは大切です。問題は、コミュニケーションを避け、自分の世界に閉じこもってしまうこと。

これらを心がけていれば、様々な壁を乗り越えることが出来ると思います。


礼拝後は、みんな仲良くたこ焼きパーティーを行いました。たこ焼き器は、今年の春うーぱぱが、家電量販店で購入し、中高生部にプレゼントしたものです(4台)
P7280001.jpg
みんな、プロ級の?腕前でたこ焼きを焼いてました。
P7280002.jpg

早速、教会長やスタッフの方々に食べていただいたら、みなさん喜んでくださいましたよ〜

たこ焼き器1台でみんなが楽しめました。また、やるよ0029-6ac95.gif


以下、ぽちっとクリックお願いいたします。↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 青少年教育へ
にほんブログ村











posted by うーぱぱ at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

「五つのパンと二匹の魚」にみる私たちの信仰心

「五つのパンと二匹の魚」にみる私たちの信仰心


22日、今日は天輝館で日曜礼拝の説教担当です。

うーぱぱの説教の場合、はじめから本題には入りません?
宗教用語とか抜きにして、最近あったとことやこれからの社会を生き抜くためのヒントなどを話します。(偉そうだけど)

最近のブログでも書いたように、月日がたつのは早い。「光陰矢の如し」とは言うけど、何も考えているとあっという間に流される。
これから三年、五年先の自分を見据えて生きなさい、と強調します。

あと、高校時代から社会人にかけて書いた日記が出てきたので、みんなに見せました。たった一行だけど“書く”という行為は非常に重要。

画像 007.jpg

これらを繰り返すうちにマニュアル的な内容ではなく、自分の中で培われた言葉が生み出されると思ってます。自分の意見というものが生まれるんだよね。



日記お薦めです。


さて、説教では「五つのパンと二匹の魚」についてお話します。

2fish.jpg

話の流れとしては、
イエス様を中心とした弟子たちが休息を取ろうとする→群集が追いかけてくる→イエス様は群集の病気を治療される→日が暮れる→食べ物がないといった状況。

そこにジョシュアという少年がイエス様に五つのパンと二匹の魚を捧げる→イエス様はそれらを祝福すると、食べきれないほど増えた。

だいぶ端折りましたが、流れとしてはこんな感じです。(詳細はマタイによる福音書14章参照)

この解釈にはいろんな説があります。奇跡で増えたのか、あるいは群集一人一人が食べ物を持参したのか。
5pan.jpg

うーぱぱ的には、少年の純粋な心が、群衆の心を動かし、一人一人が食べ物を持参。その結果、溢れんばかりの食べ物が増えたと解釈します。
(何が難しいかって?人の心を動かすこと)

来週には合唱コンクールの予選大会が行われますが、東メンバーに備えてもらいたいのは、もちろん大声量の素晴らしい歌声を披露してもらいたいけど、それだけではなくこの少年のように「純粋な心でイエス様(神様)にお捧げしたい」という心情の世界。

MA330563.JPG
(練習前に一人一人の名前を読み上げ、そして祈りを捧げます)
この心情で東がひとつになれば、きっと素晴らしい仕上がりになると確信します。

残り一週間。あらゆる事情を越えて、精一杯精誠を捧げてほしいですね。

がんばれ!29日は一番目の発表です。

PS:うれしいことが二つありました。高三女子の就職先が決まったとのこと。何だか自分の子供のようでうれしかったです。

MA330561.JPG

あと、娘が「お父さん、説教頑張って!」と初めてお弁当を作ってくれました。オムライスです。
素直にうれしい!ただ、時間がなくて自分の分が作れず、母親に弁当代五百円もらってました?
やるな!我が娘。

以下、ぽちっとクリックお願いいたします。↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 青少年教育へ
にほんブログ村
posted by うーぱぱ at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

久しぶりに学生会館

18日、久しぶりに学生会館で説教です。

今日は説教中にメンバー数人に前に出てきてもらい、カッターでえんぴつを削ってもらいました。
以前、小学生の礼拝の時にも同様の実験?を行ったのだけど、刃そのものを握ったり、持ち方が逆で手を切りそうになったり、みなさんとんでもないことをたくさんやっていただき、それはそれはスリリングでした。

さて、中高生メンバーみなさんも、危なっかしい手つきながらも真剣にえんぴつを削ってます。
普段削ることなんてなかなかないよね〜

共通してうかがえる姿は“慎重”。

ちょっと前には、埼玉で男子高校生が女子中学生を刃物で切りつける「通り魔事件」が世間を驚かせました。

刃物というのは、時には便利に役立つ、しかし使い方を間違えると凶器にもなる。地域にもよるかもしれないが、最近の学校教育の中では、授業で刃物(彫刻等や包丁他)の使用を遠ざけているところもあるらしい。決して刃物が悪いわけではないんだよね。
ちょっと位、怪我をしたほうが、いい意味で将来の危機管理意識につながるんだけどね。

画像 006.jpg

慎重という文字は「りっしんべん(心)」に「真」、すなわち真の心を重んじると書きます。

自分たちが刃物で人を傷つけることはないだろうが、言葉や態度で心を傷つけることもある。
言葉は大切。これもまた、凶器にもなります。
愛を持って、よい言葉で人々の心に接しないといけないですね。

感心したのは「東のお嬢」。礼拝終了後も納得行くまでえんぴつを削ってました。
こういう集中力をもって最後までやり遂げる姿、大切です。

画像 002.jpg

111217_1507~001.jpg

礼拝終了後は、Jr.STFチャレンジャーのための原理試験や来年行われる合唱コンクールの練習に励む姿がありました。


以下、ぽちっとクリックお願いいたします。↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 統一教会へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 青少年教育へ
にほんブログ村
posted by うーぱぱ at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。